風に乗る猫

ゲーム、映画等の日記ブログ

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 映画   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

シン・ゴジラ感想

ネタバレ感想注意。
又かなり批評的な感想なのでそこも注意です。

自分自身がプロレス怪獣世代の怪獣映画は面白かったと言う刷り込みが
ずっと有るので、どうしてもシンゴジラが楽しめなかった。
今回のシンゴジラはプロレス物では無くリアル災害シュミレーション物をゴジラで
やっただけなんですよと言うのも解るのですが、それならば最後の作戦を
昔懐かしい特撮映画のノリにどうしてしてしまったのだろうかという
理由が考えても理解出来なかった。
明らかにヤシオリ作戦前後で映画の色が全く変わってしまったんですよね。
正直ヤシオリ作戦は怪獣大戦争の曲と共に馬鹿なことやってるな~と楽しく
その辺りだけは観られただけに、前半との温度差とちぐはく差に
映像作品としてはたして上手く出来ていると言って良いのだろうかと言う
疑問がやはり自分の中で残ってしまいました。
後これは自分だけかもしれないのですが、
視覚と聴覚の情報量って脳が理解出来る限界を超えると急激に理解出来なかった部分が
ストレスに変わるのかもと言う事です。
これが自分が会議シーンが全くのれずに退屈所かストレスに感じた
理由かもしれません。
ここまで書いておいてただ単にお前自身が作品に合わなかっただけと
言われればその通りなのですが、
特撮映画が好きな庵野監督が作るゴジラなのだから、きっと胸踊りわくわくさせ
でも色々考えさせられそして子供でも大人でも楽しめる怪獣映画を作ってくれると
思ったからこそ、どうしてこんな歪なゴジラを作ってしまったのだろうと
残念でならないというのが正直な気持ちです。

Comments
 
確かに序盤、中盤、終盤とトーンを変えていく作品ですが、全体を綺麗にならすよりも「ゴジラ本来の面白さってここじゃないの?」というエッセンスをこれでもかと盛り込んだサービス精神に溢れた映画と思います。勿論盛り沢山に詰め込んで、なお美しい統一感があればそれにこしたことはありませんが、私はあの荒削りでパワフルな感じがとても気に入っています。既に4回鑑賞していますが、会議も含めて全く飽きないのも各パートそれぞれに異なる楽しさを感じるためでしょう。至らない点もありますが、作り手が作品に込めた膨大な熱に身を浸しているだけで私は幸せでした。
 
コメント有り難う御座います。
まずこんな愚痴のような感想を読んで頂き有り難う御座います。
今回のゴジラは様々な人の考察や感想を見たのですが、多くの人がこの作品を賞賛し人に寄っては心の一本になった人も居ることを理解しております。だから自分の様にのれなかった人は言わば楽しい輪の中に入れなかった爪弾き者なんだと思います。私自身は楽しめなかったのですが、ZIM様には心の一本になった様なのでそれを否定する理由は一切ありません。願わくは自分もその輪の中に入りたかったという悲しい愚痴でした。

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

風猫ろっく

Author:風猫ろっく
まったりエンタメライフ。
絵とか描いてます。

訪問者数
アーカイブ
 

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。