風に乗る猫

ゲーム、映画等の日記ブログ

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

貞子vs伽椰子

久しぶりの映画感想。
以下ネタバレ注意。

率直な感想は両作品のファンが楽しめる展開をこれでもかとごった煮にした良作。
面白かったのが呪いのビデオによって呪われた人が入ると呪い殺される家に入ると又その逆の
立場の人が居た場合、その人は貞子と伽椰子どちらの呪いで殺されるのだろうかという展開。
物語上はその二つの呪いがぶつかり合えば呪いは消えると言っているが、簡潔に言えば貞子と伽椰子の
「こいつを殺すのは私だ」「いや私だ」と言った縄張り争いをこれでもかと見せつけられるので、
そんな展開面白くならない訳が無い。
映像の見せ方も90年代Jホラーのじめっとした絵の雰囲気(リング側)と呪怨の初期にあった数分に一回
驚き要素を入れると言った事をやっていてその辺りも監督のあの時のJホラーは面白かったんだぞと言う
拘りが見えて良かった。
映像の質感も今時のデジタルっぽく無いフィルム感が出ててそれも良かった。
やっぱり少し暗く淀んだあのフィルムの感じがホラーと相性良いんだよね。
監督ファンには道中の映像表現や例の袋に入った髪など、白石ワールドオマージュ全開でにやりとする
シーンは多かったです。
演者はとにかく玉城ティナに凄く引かれた。
演技はこれからだけど、引きつける絵力は凄いと思った。
総括、ホラー映画としてはもはやテンプレの域を超えることは出来ず純粋に怖いと言った感情は全く
沸かなかったのだが、映像作品としてかなり完成度の高いものを観たと言った心境にはなりました。
ただこの様なアプローチしか今のJホラーは作れないんだなと言う、一種の限界みたいなものも
同時に感じてしまう作品でもありました。

Comments

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

風猫ろっく

Author:風猫ろっく
まったりエンタメライフ。
絵とか描いてます。

訪問者数
アーカイブ
 

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。