風に乗る猫

ゲーム、映画等の日記ブログ

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

進撃の巨人 エンドオブザワールド

ネタバレ感想。

観てきました、後半。
まず大前提にもし未来の東京が原作の進撃の巨人の舞台の様に
壁で囲まれた世界になったとしたらどうなるのかという全く違った物語に
入り込めるか否かで評価がかなり変わる作品だと思う。
原作原理主義者にとってこれだけ改変された内容は多分耐えがたいものだと思うし、
逆に原作を全く知らない人からしてみればラストの壁の外の荒廃した東京のインパクトは
猿の惑星のラストの様な衝撃がもしかしたらあるのかもしれないし、
作り手もそれを狙っているとは思う。
設定上ここは荒廃した東京なのですよと言う認識があれば、道中に出てくるそれを臭わす伏線も
違和感は全くない。
コンビニに居る女子高生が巨人化する映像とか楽しかったし、現代兵器を使う皮肉さとかも結構
面白い使い方をするんだなと楽しめていたのだが、映画全般一番の問題は
映像の古くささだと感じる。
とにかく戦闘のカットが古くさくそしてダサい。
特撮シーンをアニメのようなカット割りでバシバシ切って見せているのに一回一回のアクションテンポが
何故か凄く悪い。
特撮にアニメの様な細かいカット割りは相性良くないのだろうか。
昨今は特にアメコミ系の1カットを細かく見せるよりも1シーンたっぷりと時間を使ってアクションを見せる
絵に慣れてしまっているので余計にそれを感じてしまったのかもしれない。
よく言えば日本的、悪く言えば進歩の無い昔ながらのカットと言う事だろうか。
後は前半以上に後半にもふんだんに使われている他作品へのリスペクトオマージュ。
オマージュの見所はやはりあるキャラが仲間をかばって死んでいくシーン。
完全にさらば宇宙戦艦ヤマトのワンシーンだったのでヤマトファンとしてはそのシーンは楽しめました。
全てを見終わって制作者の作りたかった意図は受け止めることは出来たのだが、
どうしても作り手とお客さんの認識の差が極端に開いてしまって明確な評価が受けて貰えないんだなと感じました。
個人的には・・・・・まあ無しですね。





Comments

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

風猫ろっく

Author:風猫ろっく
まったりエンタメライフ。
絵とか描いてます。

訪問者数
アーカイブ
 

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。